Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web09/5/4/0228245/www.toshima-smecg.org/omoshiro-marketing/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
特別賞 | おもしろマーケティングで売上アップ


八つ目うなぎで巣鴨の繁盛店/にしむら

八つ目うなぎで巣鴨の繁盛店/にしむら
90年受継がれたタレと備長炭のうなぎ蒲焼き

平成30年度 第13回おもしろマーケティング大賞 特別賞

初代西村武次郎氏が福岡から上京し、大正15年に「八ツ目や にしむら」を巣鴨に開店。 スローガンは、“東京へ行って、他の人が扱っていないものを売る”だった。 当時、流通事情が良くなかったため、墨田区までリアカーを引き、うなぎを仕入れ、名物のうなぎと共に香ばしい八ッ目うなぎの蒲焼きで評判を得た。 以来90年以上受継がれたタレと備長炭による炭火焼きを守り続けている。 目玉である「八つ目うなぎ」は入……続きを読む



冷凍焼きいもは大塚名物/お茶の矢島園

冷凍焼きいもは大塚名物/お茶の矢島園
世界農業遺産「茶草場農法」の限定茶を販売する老舗のお茶屋

平成30年度 第11回地域マーケティング大賞 特別賞

店主は「日通」で40年間修業(店主いわく定年退職まで修行)した後、家業のお茶屋を事業承継した老舗のお茶屋である。「世界農業遺産」をご存じだろうか、世界で36地域の農法が登録されている。日本では8か所の伝統的な農法が登録され、その中の静岡県掛川市周辺の「茶草場農法」で栽培された茶葉を独自のルートから仕入れ販売するなど、店主のこだわりにあふれたお茶屋である。店舗の商品は、店主が感動した……続きを読む



川越の熱烈な常連客も通う池袋後藤理容室

川越の熱烈な常連客も通う池袋後藤理容室
成人式等のイベントに合う髪型を提案

平成30年度  第11回地域マーケティング大賞 特別賞 昭和47年から続いている池袋北口から少し歩いた平和通り商店街にある地元密着の理容店である。年齢を問わず幅広い地元の方に親しまれている。遠くは川越から往復等で4時間掛けて来店する常連客もいる。 定休日は月曜日、年末31日まで営業し、年初は4日から営業している。営業時間は9:00~21:00である。 店長は人柄が良く会話も上手い。顧客にリラクゼーション(マッサージ等)を与えてくれ、店長手作りの洋ランが目を楽しませてくれる。洋ランは小ぶりなものであるが、それが良く……続きを読む



目白の青魚料理居酒屋/すみれ

目白の青魚料理居酒屋/すみれ
“目白の母”が健康料理でおもてなし

平成28年度  第10回地域マーケティング大賞 特別賞 目白駅から3分の当店は開業して 45 年目の地域に親しまれる居酒屋。 オーナー店長のおかみは気さくで「目白の母」と呼ばれ、”元気 を与える店”として有名。地域に顔が売れている。目白はターミナル駅の池袋と学生街の高田馬場の間に位置し、乗降客こそ少ないものの、徳川黎明会や旧近衛邸の車廻しの欅が残り閑静な住宅街を形成している。学習院や日本女子大がある学生の街でもあり、当店でも大学の先生やOBのなじみ客が多い。皇太子様の恩師も常連客だったとのこと。 [su_box……続きを読む



究極の地域密着型雑貨・洋品店/エモーション

究極の地域密着型雑貨・洋品店/エモーション
お客様の喜ぶ顔を思い浮かべて面白いものを仕入れ

平成28年度  第12回おもしろマーケティング大賞 特別賞 長崎小学校の前にある衣料雑貨店。一歩店内に入ると所狭しと並べられた品物に圧倒される。衣料、帽子、履物、バッグ、小物と店いっぱいに陳列されている。開店したのは昭和61年。当時は靴下の専門店だったが、お客の要望に応えていくうちに品数が増えていったそうだ。 しかし品揃えだけで30年以上も続いてきたわけではない。ここはただの物販店ではない。女将のきめ細かいサービスが評判の店だ。そしてさらにお客様に愛され続けるヒミツがあった。 女将と亭主の二人三脚 女……続きを読む