おもしろマーケティング

おもしろマーケティング

豊島区中小企業診断士会では、豊島区商店街連合会とともに、最近のマーケティングトレンドから見て「おもしろい」と思われるお店を選び表彰しています。

無料相談

おもしろマーケティングを実践してみたいと思われる方は、是非、お問い合わせよりご連絡ください。当診断士会では、長年蓄えた、おもしろマーケティングのノウハウを用いたコンサルティングを実施しています。
無料で受診いただけます。

受賞店舗

20日
8月

FRENCH POUND HOUSE 大和郷

知る人ぞ知る隠れたる名店 ショートケーキは日本一

平成30年度 第13回おもしろマーケティング大賞
最優秀賞

フランス菓子を学んだ後、1986年に巣鴨の高級住宅街「大和郷」に1号店をオープン。その後、1991年に常盤台店をオープンし、現在、2店舗経営で……続きを読む

20日
7月

(菊)矢島園

世界農業遺産「茶草場農法」の限定茶を販売する老舗のお茶屋

平成30年度 第11回地域マーケティング大賞
特別賞

店主は「日通」で40年間修業(店主いわく定年退職まで修行)した後、家業のお茶屋を事業承継した老舗のお茶屋である。「世界農業遺産」をご存じだろ……続きを読む

20日
6月

大塚鳥忠

大塚北口商栄会で50年以上続く老舗大衆居酒屋

平成30年度 第11回地域マーケティング大賞 
優秀賞

「継続は力なり」の格言を実践している大塚鳥忠は、江古田・ときわ台とは先代が兄弟の関係で先々代の創業者が鮒忠で修行し独立したのちに3人の兄弟にのれん分けした50年以上続く大衆居酒屋である。……続きを読む

20日
5月

川越の熱烈な常連客も通う池袋後藤理容室

店長手作りの洋ランが迎えてくれる理容室

平成30年度  第11回地域マーケティング大賞
特別賞

昭和47年から続いている池袋北口から少し歩いた平和通り商店街にある地元密着の理容店である。年齢を問わず幅広い地元の方に親しまれている。遠くは川越から往復等で4時間掛けて来店する常連客もいる。
……続きを読む

おもしろマーケティングについて

ブランド品をはじめ「もの」が溢れ、普通に商売していては「もうかりません・売れません」という時代にあって、
ポストモダンマーケティングといわれる新しいマーケティング手法を加えた評価基準を用い、
豊島区内の各商店街加盟の商店(小売業・飲食業など)を評価します。

おもしろマーケティングの狙いの一つは、
この評価結果、つまり「どういうお店が評価されるのか」という規範(受賞した商店の店名を公開)を示すことによって、
区内の各商店に商売のヒント・刺激を提供することです。
また、各商店に対するミステリーショッパー(覆面調査)が存在することを知ることで、
日頃の商売に緊張感を持ってもらうこと、これも狙いの一つです。
こうした試みによって、豊島区内の商店街に、我々の基準でいうところの「おもしろい」お店がドンドン増えていくこと、
ひいては豊島区内の商店街が活性化することを願っています。

ポストモダンマーケティングとは
経済の成熟化・消費の個別化が進むなか、従来の分析的・定量的なマーケティング手法に代わって提唱された、
定性的、非日常性、コンテキストなどを重視したマーケティング手法です。
ポストモダンマーケティングといわれるものには、
レトロマーケティング、コンテキストマーケティング、オムニチャネル(別名コネクテッドマーケティング)などがあります。