海鮮魚介類と串焼き鳥をコラボさせ本格派居酒屋

平成30年度 第13回おもしろマーケティング大賞
優秀賞


店主は18歳から調理人としてレストランで5年間、その後、実家の池袋駅東口の老舗『幸ちゃん寿司』の三男として、20年間以上も寿司職人の修業をされた超実力派の方です。
永年に渡り店主と共に店舗を切り盛りしている二人の板前さんとは調理の役割を分担し、注文料理は、味・ボリュウム・価格と三拍子で十分な満足感を与え、誰も度々は訪れたい本格派居酒屋です。

現在の店舗は、2011年(平成23年)にメトロ有楽町線「東池袋」と都電荒川線「東池袋四丁目」が交差する首都高速5号線の高架下に出店をされ、最寄り駅から徒歩数十秒の利便性抜群な立地条件です。
特に一人飲みの常連客にとっては、店主が厳選した各種地酒と新鮮で旬なおつまみを真心のこもった接客で一日の疲れを癒してくれる隠れ家的居酒屋でもあります。

 

 

受賞ポイント
1. ミールソリューション 希少焼酎等の提供
2. CS経営 焼き鳥中心の一人でも入りやすい店
3. 口コミ プロ野球選手等の有名人の来店

 

寿司職人としての経験等を生かした顧客満足度の高い居酒屋!

どんと構えた店名看板は、店主の誇りでもある実家の老舗『幸(こう)ちゃん寿司』の屋号から『幸』を拝借して『幸(みゆき)や』と命名され、力強く刻まれています。
三男の店主は、寿司職人としての経験等を活かした新鮮な海鮮魚介類と串焼き鳥を新たにコラボさせた居酒屋を展開することで、老若男女をターゲットとした客層拡大を狙ったマーケット戦略を実践しています。

店内はカウンター席とテーブル席が3つの定員二十数名であるが、常連客や団体客の他に女性客一人やカップルでの入店がしやすい雰囲気を心掛けており、リピーター度も非常に高いと思われます。
味わえる酒類も多種で、幻の名の付いた森伊蔵、魔王、百年の孤独、佐藤などの希少焼酎から最近人気の白・黒ホッピーまで品揃えが充実しています。
また、数十種類の厳選した各県の日本酒は、一合升で提供され、山梨県の蔵元に委託製造させた瓶詰オリジナル清酒『幸や』(300㎖)は価格も手ごろで人気商品です。
酒のつまみは、本日のおすすめ品を黒板に掲載し、老舗寿司屋にも負けない刺身盛り合わせや一串ずつ丁寧に紀州備長炭で焼き、秘伝のたれに付けた串焼き鳥をメインに定番の煮込み、サラダ、天ぷら、フライなど各種料理をリーズナブルな価格で提供しています。

 

 

 

地元住民にとっても数少ない貴重な居酒屋!

昔は何処の住宅街にも点在していた地元にあった個人経営の居酒屋は、主要駅付近で開業している以外は、残念ながら廃業などで見掛けなくなっています。
経済環境の変化、業界内の競争激化、異業種参入などで個人経営の居酒屋数は特に減少傾向にあり、さらに食生活変化や若年層のアルコール離れ、家飲みなどにも要因となっています。
その中で地元住民にとって数少ない居酒屋として、『幸や』の存在があり、ここでしか食べられない季節感のある飽きさせない料理で他店との差別化を図っています。
今後もお客様の期待した通りの味を適切な価格で提供することで、地元住民にとっても何度でも訪れたい貴重な居酒屋としての役割を担っています。

 

 

店舗情報


店舗情報
幸や
住所 東京都豊島区南池袋2-41-19
業種 居酒屋
ホームページ

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 豊島区情報へ

にほんブログ村

コメントを残す