Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web09/5/4/0228245/www.toshima-smecg.org/omoshiro-marketing/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
喜多方ラーメンの隠れた名店/サン浜名 | おもしろマーケティングで売上アップ

東池袋駅前に六甲おろしの風が吹く。

平成30年度 第13回おもしろマーケティング大賞
優秀


 東京メトロ有楽町線の東池袋駅を地上に出ると、首都高の高架下に商店街があり、その1号棟1番にサン浜名という店がある。看板には喫茶・中華、うなぎ・和食とあるが、喫茶・中華は2階の店、うなぎ・和食は1階の店で、いずれもサン浜名というが別々の店だ。

 さて、2階に上がってみよう。扉を開けるとまず目に入るのはカウンターを囲むように飾られた阪神タイガースグッズの数々だ。

奥のテーブル席への通路にある本棚には大量の漫画単行本、それも往年の。冷蔵ケースには瓶コーラ。なんか懐かしい。

 プロ野球シーズン中は、もちろんテレビの野球中継を流している。タイガースの応援で盛り上がることもしばしばだ。

受賞ポイント

1. 娯楽性 阪神タイガースグッズや大量の漫画本でにぎやかなレトロな店
2. 限定性 「サン浜名」ラベルの焼酎、店主の気まぐれ料理
3. 口コミ 地域の事業所や住民に40年以上にわたって支持

皆さまに育てていただいた店

 この店ができたのは昭和53年。その前、ここは太洋軒という店で、店主の家族が経営していた。そのころ、店主は29歳で通信関係の勤め人だったが、ちょっとしたきっかけから勢いでこの店を継ぐことになった。まったくの畑違い、ゼロからのスタートとなったわけだから、勝手がわからない。しかしまずいと酷評されながらも、なぜかお客様に可愛がられた。

 メニューはお客様の反応を見ながら試作、改良し、増やしていった。お客様の感想を素直に受け入れる。中華とうたっているが、中華にこだわらない。ハンバーグ、おでん、煮込みなど、お客様に喜んでいただければ増えていく。現在のメニュー表は大賑わいとなっている。さらに常連にはメニュー表にないきまぐれ料理もでてくる。常連は何も言わずに座るだけよい。

飾られたタイガースグッズは、ほとんどがお客様からのプレゼントだ。店主がタイガースファンと知って、持ってきてくれるのだ。漫画本もそうだ。続き物で、お客様が端本を持ち込んだなら、店主が残りを補充したりして充実していった。

 また、開店当時から夜遅くまで営業しており、近くの事業所から夜食の出前で重宝された。その中で今では師匠と呼んでいる大恩人に出会い、商売のしかたや人の使い方などを教えてもらい、その関係は今でも続いている。また、従業員にも恵まれた。親子二代にわたって当店でアルバイトしたケースもある。 

こだわりを捨ててお客様の喜ぶものを出せ

 このように、当店は皆さまに育てていただいた、ということになるが、その源泉は店主の人柄によるところが大きいのではないだろうか。ゼロからのスタートとはいえ、こだわりをもたず、お客様や協力者の意見に素直に耳を傾けた。それが40年以上も続いている秘訣のように思う。そうでなければ親子二代でアルバイトしないだろう。

 店主は言う。「お客さんの喜ぶものを出しゃいいんだ。中華料理屋だからと言って中華にこだわってちゃよくない。商売がうまくいかない人は余計なこだわりを捨てろ。あきらめるな。なんでもやってみろ。」

 ちなみに当店ができた昭和53年は阪神タイガースが初めて最下位に沈んだ年だった。そして今回受賞した平成30年も阪神タイガースは17年ぶりの最下位になってしまった。(いらんこと言わんでええねん)

店舗情報


店舗情報
サン浜名
住所 東京都豊島区南池袋2-43-16 2F
業種 中華料理店
   

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 豊島区情報へ
にほんブログ村

 

コメントを残す